Play Rough

じゃれ外しは愛嬌

【バトルオブシンオウ】最高、最終1778 ラキグライヌオーと愉快な仲間達

バトルオブシンオウお疲れ様でした(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

 

最終レートは1778で順位は14位でした!

f:id:mochipan_poke:20180302205711p:plain

目標としていた1800には届きませんでしたが、思った以上に善戦出来たので個人的には満足です・。v

 

総合戦績:33勝 11敗

 

 

  

・パーティ構築経緯

 

Z技が使えないルールなら耐久寄りの構築が強いと予想

f:id:mochipan_poke:20180224175455g:plainf:id:mochipan_poke:20180224175443g:plainラキグライ採用

物理詰みエースを止める枠が欲しい

f:id:mochipan_poke:20180224175540g:plainヌオー採用

拘りトリックを透かす枠や、対グライオン性能が欲しい

f:id:mochipan_poke:20180224175643g:plainポリZ採用

小さくなるピクシーやオニゴーリといった害悪への回答、ヌオーで勝てない物理詰みエース(主にリーフィア)への回答、鉢巻きガブが受からないのでドラゴンの一貫を切りたい

f:id:mochipan_poke:20180224175548g:plain(草食)マリルリ採用

ここまでで重いアグノムマニューラ、ゴースト勢への回答が欲しい

f:id:mochipan_poke:20180224175631g:plainブラッキー採用

\パーティ完成/

 

 

 

・個体紹介

f:id:mochipan_poke:20180226043716p:plain

 

f:id:mochipan_poke:20180224175455g:plain

性格:図太い

特性:自然回復

持ち物:進化の輝石

技構成:地球投げ/毒々/ステロ/卵生み

配分:H4 BD252

 

テンプレ

この枠はハピナスとの選択だったが、B方面にもある程度役割を持ちたかったのと、ポリゴンZの騒ぐの確定数を意識してラッキーを採用した

反面、叩き落とすやトリックを持っているポケモンが非常に多く、輝石を失ってしまう場面も少なくなかったので、この選択が正解だったのかは最後まで分からなかった

ステロに関しては有効に働く場面があまり見られなかったので、カウンター等の処理速度を速める技を採用しても良かったかもしれない 

 

 

f:id:mochipan_poke:20180224175443g:plain

性格:腕白

特性:ポイズンヒール

持ち物:毒々玉

技構成: 地震/毒々/身代り/守る

配分:H212 B252 D44

 

マリルリギャラドスに毒を入れつつ生存したかったのでHB

コチラも技構成はテンプレのものを採用したが、相手のグライオン+ハピラキの並びを崩せる枠が存在していなかったので、毒々をギロチンに変えるのがベターだと思った

トリック読みでぶん投げて相手に毒々玉を押し付けるヤンキープレイも有ったり無かったり 

 

 

f:id:mochipan_poke:20180224175540g:plain

性格:図太い

特性:天然

持ち物:オボンの実

技構成:熱湯/蓄える/自己再生/眠る

配分:HB252 D4

 

今回のMVP

他のポケモンで毒をばら撒いてこのポケモンで詰める動きがとても強かった

オボンの実を採用したことで、ガブの逆鱗に対しても後出しから起点にする事が可能だった

素眠りに関してはまず読まれる事が無く、このポケモンに毒々を入れて勝ちを確信した対戦相手を何度も絶望に追いやった

ただし被弾回数が多くなる事から、急所での事故や耐久下降の追加効果を持った攻撃などで崩される試合も何度かあった

あと草結びゴウカザルと恵み草ギャラドスとフリドラマンムーは無理です(全部当たって負けました)

 

クソプレイングからの最強ヌオーBV

TANW-WWWW-WWWH-TKJX

 

 

f:id:mochipan_poke:20180224175643g:plain

性格:臆病

特性:適応力

持ち物:拘り眼鏡

技構成:騒ぐ/破壊光線/冷凍ビーム/10万ボルト

配分H4 CS252

 

やらかし枠

元々は対グライオン性能として採用したが、グライオンはハピラキorゴーストタイプと同居している事が多く、安易に騒ぐを選択してサイクル不利に陥る事が何度かあった

上でトリック対策とも記載したが、トリック筆頭のFCロトムはスカーフを採用している個体が多く、対面からだとボルチェン+裏のハッサムの鉢巻きバレットで処理されてしまうケースも多かった

冷Bと10万は打つ機会がほとんど無かった為、安稗として押せるトライアタック、ゴーストに打てるシャドーボールを採用すべきだった

破壊光線で確実に1体葬って、後発の詰みエースをヌオーでケアする動き(だけ)は強かった

 

 

f:id:mochipan_poke:20180224175631g:plain

性格:穏やか

特性:シンクロ

持ち物:ラムのみ

技構成:イカサマ/毒々/挑発/月の光

配分:H252 D236 S20

 

補完枠として採用したが、HDにほぼ特化した事で特殊方面にも役割が持てた

構成をラムシンクロとした為、相手の毒々読みで後投げをすることで擬似マジックミラー的な動きも出来た

ただしシンクロ+毒々はアンチシナジーであり、毒々を入れたい相手に熱湯火傷の反射が入ってしまい処理が遅れるような場面も何度かあった

Sに20振ったことでハッサムとの素早さ対決は何度も勝てた

 

 

f:id:mochipan_poke:20180224175548g:plain

性格:呑気

特性:草食

持ち物:食べ残し

技構成:熱湯/毒々/滅びの歌/守る

配分:H140 B252 D116

 

兎の置き物

元々は対害悪性能を期待していたが、そもそも滅びの歌は相手がラス1でないと機能しない点、ゴーリに対しては絶対零度を2度避けないといけない点などから、ほとんど選出しなかった

とはいえ当構築が苦手とする特化鉢巻きガブリアスの一貫を切ったり、グライオン+ハピラキの並びへの圧力も大きく、選出抑制の役割はしっかり果たしてくれたと感じている

1度だけ遭遇したリーフィアに対してはしっかり仕事をしてくれたので、このポケモンへの不満は無いです

 

 

 

・雑感

今大会ではZ技やミミッキュといったクソ要素インフレ要素が無く、純粋なプレイングや構築能力を競い合う事が出来とても楽しかった

事前考察の段階では穴の無い良いパーティが出来たと満足していたが、それはあくまで対面処理の話であり、実戦の中で特定の並びを崩す事が出来ない事に気づき、考察不足を感じた

この点に関しては、事前に開催されていた仲間大会などに参加して試運転出来ていれば改善出来ていたのかもしれない

 

対戦して頂いた皆さん、直前に親個体を貸してくれた各位、そしてここまで読んでくれた皆さんありがとうございました!