Play Rough

じゃれ外しは愛嬌

スマホカメラで簡単フォトグラメトリ

簡単(当社比)

申し訳程度のポケモン要素

 

此方の記事を参考にしました

styly.cc

こっち見た方が分かりやすいです

 

使ったもの

スマホカメラ

3DF Zephyr体験版(写真から3Dモデルを作るソフト)

unity(テクスチャ出力)

Blender(統合と動画撮る為)

 

作業工程

①対象となるオブジェクトの写真を撮る

f:id:mochipan_poke:20190429215128p:plain

50枚以下に抑えましょう(Zephyr体験版の制限によるもの)

照明やブレによってZephyrが写真を読み込まない場合があるので、頑張って調整しましょう

僕は5回撮り直しました

 

②読み込んだ画像をまとめてZephyrにドラック&ドロップ

f:id:mochipan_poke:20190429215618p:plain

既にオブジェクトの形が何となく分かります

周囲の青いアイコンはカメラです

 

③ 境界ボックスを設定します「ツールバー→境界ボックスを設定」

f:id:mochipan_poke:20190429215934p:plain

これによって3D空間上のどの部分を切り出すかを調整できます

今回はホウオウ君と床の一部を切り取りました

 

④高密度点群を作成「ツールバー→高密度点群を作成」

f:id:mochipan_poke:20190429220434p:plain

要は③の点群から更に細分化した点群を作成します

この段階でハッキリと形が分かるようになりました

 

⑤メッシュを抽出「ツールバー→メッシュ抽出」

f:id:mochipan_poke:20190429220751p:plain

点群が消えよりハッキリとした形になりました

 

⑥テクスチャ付きメッシュ作成「ツールバー→テクスチャ付きメッシュ作成」

f:id:mochipan_poke:20190429221007p:plain

テクスチャが作成され、より滑らかな見た目になりました

 

⑦書き出し「ツールバー→テクスチャ付きメッシュの出力」

出力フォーマットを「Obj/Mtl」に設定します

これによってオブジェクトファイルとマテリアルファイルが出力されます

またローカル表示基準システムに必ずチェックを入れて下さい

 

Zephyrでの作業はここで終わりです

モデルの出力が目的であればここで終了です、お疲れさまでした

 

以後動画出力まで

unityでテクスチャを作成

それをBlenderでZephyrから読み込んだobjモデルに張り付けて、適当にカメラのアニメーション作ってレンダリングして終わりです

 

何かあればコメントまで

ポケモンガオーレを2週間遊んでみた所感

初めは友人にノリでプレイさせられたのがキッカケでした

「子供向けのゲームだし、そもそもアーケードゲームとか普段やらないしなあ・・・」と思いつつ始めたこのゲーム

そんな私も今ではヘビーユーザー

こんな素晴らしいゲームに出会えた私はきっと特別な存在なのだと感じました

この記事を読んでいるあなたにも始めて欲しい

なぜならあなたもまた特別な存在だからです

 

 1.ポケモンガオーレとは

ポケモンガオーレ公式サイト

f:id:mochipan_poke:20190412000357p:plain(筐体)

ゲーセンによく置いてあるこれです

基本的には実機と同じで、ポケモンを倒してゲットする事を目的としたゲームです

ゲットしたポケモンガオーレディスクというプラスチック製のディスクで排出され、その後のバトルで使用することが出来ます

f:id:mochipan_poke:20190412001018p:plain(ガオーレディスク)

 

1クレ100円、3戦までゲームを続ける事が出来るので300円

1戦ごとにポケモンゲットチャンスが発生し、捕獲に成功した場合100円でディスクを排出することが出来ます

 

 2.射幸心を煽るゲームシステム

 

このゲームにはユーザにお金を使わせる為の工夫が多数備わっています

 

 ・ガオーレパス

ゲームをプレイするだけなら不要ですが、そもそもこれが無いとゲームデータをセーブすることが出来ないので必須、税別500円

ガオーレパスには他にも様々な特典が存在し、レアポケモンの出現率に関わる「気合」がゲームスタート時からブーストされたり、バトルを有利に進める為のアイテムが貰えたり、ポケモンの捕獲時にマスターボールが増えるといった特典がある

 

 ・スペシャルどうぐ

ゲームをある程度遊ぶと溜まるコインで交換できる

上で紹介した気合がゲームスタート時更にブーストされる

30クレ程度遊んだ時点で交換出来たが、このスペシャルどうぐの有効期間が交換から1週間しか無いので、継続して遊び続けなければならない

 

 ・レアポケモンの出現率

上でも紹介したように、レアポケモンの出現には気合の数値が重要になってくる

この気合は、上で挙げた方法の他にポケモンで攻撃するディスクを排出するの2つの方法が存在する

勘の良い人ならもう気づいているかもしれませんが、レアポケモンに遭遇する確率を高める為にはディスクを排出する必要がある、ということです

 

少し詳細な話になりますが、気合の溜まり方は

開始時点100%、ガオーレパス50%スペシャルどうぐ100%ポケモンで攻撃30%、ディスク排出230%前後となっています

ポケモンで攻撃に関してもせいぜい1クレ4,5回出来たら良い方なので、いかにディスク排出の比率が重いかが分かると思います

その為、レアポケモンに出会う事を目標にプレイした場合、

3戦で300円、気合ブースト目的のディスク排出が最低でも1回で100円、目的のポケモンを排出する為には更に100円が必要となり、合計500円が1度のプレイで消し飛ぶ

 

これが子供向けゲームなのだろうか?私が小学生時代に流行したムシキングですら1プレイ100円でカードも同時に排出されていました

 

 3.それでもこのゲームを続ける理由

 ・魅力的なイラスト

f:id:mochipan_poke:20190412010122p:plainf:id:mochipan_poke:20190412010133p:plainf:id:mochipan_poke:20190412010148p:plainf:id:mochipan_poke:20190412010155p:plainf:id:mochipan_poke:20190412010203p:plainf:id:mochipan_poke:20190412010211p:plain

めっちゃかっこいい

これがディスクとして排出されるのだからコレクション欲をそそられないわけがない

 

f:id:mochipan_poke:20190412010703j:plain

あとキャラクターもかわいい

左が女主人公ちゃんで右が先輩トレーナー

かわいい

 

 ・ワンチャン儲かる

あまりこういった話はすべきでは無いかと思いましたが、キッカケは何であれ沢山の人にプレイして欲しいと思ったので

参考として、強い伝説や幻のポケモンは3000円前後で取引されていたりするらしいです

ただこれの排出に5桁円飛ぶこともザラらしいので、本当にワンチャンです

 

 ・純粋にゲームとして楽しい

正直これに尽きます

僕自身はポケモンというコンテンツが大好きなので、ディスクの排出はおまけ程度に考えてプレイしています

ただただ金をつぎ込んでガチャを回すのではなく、ゲームを楽しんで最後におまけとしてガチャを回せるといった感じですね

ゲームシステム自体はしっかり作られているので大人の方でも楽しめると思います

 

 4.最後に

f:id:mochipan_poke:20190412011622j:plain今日ゲットした!!

当初の目標としてグレード5(最高ランク)のポケモンを捕まえたら区切りを付けようと思っていたのですが、このゲームはやればやるだけのめり込んでいく面白さがあり、今後も継続してプレイしていこうと思いました

ポケモンが好きな方は1度遊んでみてはいかがでしょうか

クチートGXについて考察する

全国1億3000万人のクチートファンの皆さんこんにちは

待望のクチートGXが発表されましたね

f:id:mochipan_poke:20190326075631j:plain

クセのあるテキストになっているので、その使い方や評価など考察していきたいと思います

 

1.特性について

f:id:mochipan_poke:20190326081128j:plain

「アドバンテージ」になる要素

  • 相手のベンチ枚数を参照する効果補助(自身の打点、エリカ、オムスター等)
  • ばら撒きの量が増える
  • サイド調整を崩せる可能性がある(GXを呼び出す、TAGに対して3113を3111で取りきる等)

「妨害」になる要素

  • カプテテフGXやデデンネGXを呼び出し特性を腐らせる
  • 相手の展開上不要なカードをベンチに呼び出す(ベンチを圧迫させる)

 

ただしこれらは全て相手のハンド依存となります

自身もベンチを1枚圧迫する為、使い所はシビアになりそうです

加えてクチート自身がHP170のGXなので、逆にサイドレースが不利に陥ってしまう可能性も孕んでいます

 

2.技について

f:id:mochipan_poke:20190326092143j:plain

鋼無 相手のベンチ5枚で160点

現在のワンパン環境においては打点不足を感じる テテフデデンネすら取れない

鉢巻きダダリンで200、鉢巻きククイで210まで見れるが、要求が鋼無なので1ターンで動かそうとするとゲインなりマツリカなりが必要になるのでハゲ

ニコタマ起動ならワンチャンあった

 

3.GX技について

f:id:mochipan_poke:20190326093054j:plain

これも要求色的に後1で打ち辛い

特性で1度相手のハンドを見る事が出来るので、空打ちは回避できる

現行ではブルーを展開の軸としたサポートを多投するデッキが多く、この技だけで相手の動きをストップさせられる可能性もある

ただ「技」である以上、先行で相手にぶん回されると追い付かない

 

4.まとめ

相手のデッキや場面次第では戦況を大きく変えることが出来る

HPや打点が怪しいので軸にはならなさそう

同収録カードの判明で評価が変わるかもしれない

 

かわいい

VRoidからエクスポートしたVRMファイルに任意のサムイネイルを設定する

あいてぃーすきる無振り向け

 

用意するもの

・VRoidから出力したVRMファイル

・任意のサムネイル

・unity

・uniVRM

 

①Unity、UniVRMのダウンロード、インストール

省略

 

②任意のサムネイルの用意

サムネイルには2048×2048png形式の画像を使用します

VRoid Studioにはアスペクト比を調整してスクリーンショットを撮影する機能があるので、今回はそちらを利用します

 

撮影・エクスポートから撮影サイズを2048×2048に設定します

f:id:mochipan_poke:20190312184502p:plain

またVRoidにはポーズやアニメーション、照明、ポストエフェクトなど様々な設定項目があるので、各種好みの設定にしましょう

設定が完了したら「撮影」を押します

撮影した画像はローカルファイル内の分かりやすい場所に保存します(今回はデスクトップに保存しました)

ファイル名は「Thumbnail」とします

f:id:mochipan_poke:20190312185255p:plainかわいくないですか?

 

③Unityでサムネイルを変更する

Unityで空のシーンを作成してUniVRMをインポートします

用意したVRMファイルをアセット内にドラック&ドロップします

Asset→VRMVRMファイル名.Textures から、既に作成されている「Thumbnail」画像を削除して、②で作った「Thumbnail」画像と置き換えます

f:id:mochipan_poke:20190312190445p:plain

※VRoidではエクスポート時に自動でサムネイルが設定されるらしい

 

モデルを選択し、InspectorタブからThumbnailのselectをクリック

先ほど置き換えた「Thumbnail」を選択します

f:id:mochipan_poke:20190312190636p:plain

 

④書き出し 

VRM→UniVRM→Export humanoid

タイトルと作者名が未設定の場合要求されるので記入して下さい

チェックボックスの詳細は各自で調べて下さい

 

⑤確認

各種VRMに対応しているソフトウェアを起動して読み込んで下さい

VRM Live viewer、V ワールド等

 

何か分からない事があればコメントまで

【記録用】過去にやった部内戦のルール

何かの参考になる

収集期間 2017/04/01~2019/03/11

合宿とか新歓も含めるよ

 

シングル系統

・シングル(SM,USM)

・ドラフトシングル

・合計種族値3100以下シングル

種族値500以下シングル

・タイプ統一シングル

・島統一

竜王戦

・メガランブル

・スタンダードレギュに存在しないポケモンシングル

・ランダムQRシングル

・台パンシングル

 

ダブル系統

・ダブル(SM,USM)

・WCS(SM,USM)

・ドラフトダブル

 

マルチ系統

・普通のマルチ

・ウルトラスーパーハイパーマルチ

 

カード

・スタン公式準拠

【コンセプトデッキ】ミッシングスティンガー 備忘録

こんにちは、実機萎えたので最近はカードばかりやっています

CL千葉と交流会に持って行ったおもちゃデッキの備忘録です

 

 

【コンセプト】

スティンガーGX後にミッシングクローバー使って相手のGX倒して勝ち!w

 

【各カードの採用理由】

(重要なカードだけピックアップ)

ニンフィア 4-3

マジカルリボンでキルパーツを拾っていきます

基本的に2体しか立てないので上は3枚です

アーゴヨン 2-2

絶対に必要なパーツなのでサイド落ちを考慮して2-2ラインです

ベベ1体だと狙撃されて上が立たなくなるので2枚同時に置きます

ネクロズマ黄昏 1

フィニッシャーです、相手のサイドが1枚の時に200点出ます

 ・ポケギア3.0 4

実質テテフ 全力でブルー触りたいので4枚

・殿堂の書 1

先1ブルー上振れ最強

・エネルギースピナー 1

ブルーからエネルギーにアクセスする為に必須 後1に使えるとつよい

・カウンターゲイン 3

顎と黄昏を動かす為に使うのでサイド落ち考慮3枚

 ・ブルーの探索 4

神、特殊エネルギー以外全てにアクセス出来る

・アンズ 3

ドロサポの誤魔化し枠 不確定3ドローより上4枚見て2サーチの方がコンセプト上偉い

相手がモルフォンとかグライガーを警戒してくれるので地底探検隊より偉い

グラジオ 2

必要なパーツが多くサイド落ちが激しい為2枚

稀に良くサイドからエネルギー持ってきたりする

グズマ 2

相手のテテフとかデデンネ引っ張ってくる為に必須

対非GXを考慮して2枚

マチスの作戦 2

相手が上振れたりグラジオを2回使う試合では速度の問題で必須

・ウルトラスペース 2

ブルーから持ってこられるので偉い

 

【採用検討カード】

ヒードラン

f:id:mochipan_poke:20190226155158j:plainこいつ

フェロマッシの森とメルカリの壁を焼きます

カウンターエネ、マツリカ、ゲインで動くがメルカリに対してはブロアーが必要なのでgmが増える

・ムキムキダンベ

対ジラサン戦でエレパ貯めこまれて4んだので抵抗したい

アセロラ

対非GX戦でスティンガー後に裏のニンフがダメージ負ってると狙撃されて追い付かなくなるので回収したい

 

【動かし方】

基本的にニンフを2枚立てながらブルーやスペースでパーツを拾っていきます

またブルーのサーチではミッシングクローバーは持ってきません、何をするのかを悟られない事が重要です

マジカルリボンでは「隠したいカード」、「枚数が少ないカード」、「次の展開に必要なカード」等 様々な事を考慮した上でサーチします。正直相手のデッキや盤面によっても変わってくるのでこればっかりは試行回数です。

 

【問題点と解決策】

・ジャッジマン無理じゃね?

マジカルリボン1回目ぐらいなら間に合います、複数枚は無理です

ネクロズマスタート

スティンガー後にベンチに残っていると狙撃されて相手のサイドが2枚になるのでラスティネイルが200点出なくなる

ただこの時点でミッシングクローバーが見えていなければ、大体前のアーゴヨンを取ってきてくれるので多分大丈夫です(?)

・TAGワンパン出来ない

今の環境なら大体レシラムで焼けそうだけどgm増やしたくない

・GXを置いてくれない

大体ジラサンなのでニンフの下技で倒せる、ただエレパ貯めこまれてると返しで4ぬ

 ・HANDでいい

分かる

ただHANDはバンデットガードマンやメルカリを採用する以上絶対に無理なマッチが存在する

このコンセプトデッキだとカスタム次第で無理なマッチを無くせる(ただgmが増える)

・パーツが3枚以上埋まる

スティンガー後にブルーから拾える(再度埋まったらマチスグラジオで拾ってグズマまで行ける)

 

【雑感】

練習から全ての対戦を通して「事故負け」が存在しなかったので偉い

先2で200点出してくるズガアゴ、ウルネクにも勝てるので気持ちが良い

ジャッジだのマーシャドーだの採用しているデッキが少ないと思ってCLに持って行ったが、初戦からジャッジマーシャドーマーシャドージャッジされて萎えました

ポケカに灰流うららくれ

メガガルーラ変遷

ジムプロモからガルーラGXが出たので初投稿です

XY初期からORAS末期までまとめます

 

 

ーXY発売~バンク解禁迄

前作互換切り、教え技無しの影響を受け、レート環境は探り探りの状態で形成されていきます

当時環境で猛威を振るっていたのは、

ファイアローギルガルドといった新規ポケモン

ガブリアスや水ロトムといった前作から続投されたポケモン

リザードンギャラドスといった新規メガシンカポケモン

といった、攻撃的なポケモンが多い印象でした

 

この頃のガルーラは上記のポケモンに対面から勝つことが求められ、AS猫不意恩返し地震みたいなのがメジャーでした

メガシンカの仕様が現在と異なり、初速がメガシンカ前の素早さで計算される為猫騙しという技は非常に噛み合っていた印象です

また当時のガブリアス夢特性が解禁されておらず、初手ガルガブ対面は猫安定みたいな風潮がありました

捨て身タックルという技は当時から使えましたが、猫+恩返し+不意で大体のポケモンが縛れる為あまり採用されていなかったイメージです

 

こういった流れを受け、ガルーラ対策として台頭したのがパンプジンナットレイです

ガルーラ対策として求められるのがノーマル技やサブウェポン(主に地震)を受けられる事だったので一応理には適っていたのかなと思います

しかしレート上位や一部のプレイヤーの中では、当時から噛み砕くや大文字を採用したガルーラが見受けられ、既に受けを崩すガルーラが使われ始めていました

 

 

ーバンク解禁~XY中期

バンク解禁を受けて、多くの準伝説や教え技を持ったポケモンが登場します

BWで流行っていたクレセドランの並びはガルーラという最強のパートナーを仲間に加え、ガルクレセドランという悪魔の並びが爆誕しました

またこの並びに比較的強い(?)メガゲンガーが評価され始めます

 

当時は物理環境だったこともあり、ゴツメクレセリアが爆発的に数を増やしていきますシーズン3ではゴツメ所持率88%を記録しました

これを受けガルーラは安易に猫騙しを選択する事が出来なくなり、そもそも猫騙しを採用しない型が多数考案されていきます

シャドボや噛み砕くを採用して追加効果込みで突破していく様は正にゴリラ

また、グロウパンチ+捨て身タックルでクレセリアを突破する事を目的とした203ガルーラがシーズン6で考察されます

ガルーラ@メガストーン
203-189-120-*-120-135(メガシンカ後実数値)
猫騙し 捨て身タックル 不意打ち グロウパンチ

耐久力指数:59270
・A216メガバンギラスのステロ1/8ダメージ+A+1ストーンエッジに対して82%の確率で生存
・C222メガゲンガーの気合球に対して確定生存
・C177化身ボルトロスの珠気合球に対して82%の確率で生存

 

ただこの段階ではゴツメスリップ4回+捨て身反動でガルーラが生存出来るのは中乱数程度とされており、あまり普及しなかった(後に覆る)

 

ーXY末期

シーズン7では203を発展させた209ガルーラが考察されます

性格:意地っ張り

特性:肝っ玉→親子愛

ステ:H209(228) A184(180) B130(76) D121(4) S123(20)

技:捨て身タックル グロウパンチ 不意打ち 冷凍パンチ
親の冷パンで15/16で183-116ガブリアスを1発
200ガブリアスの鉢巻逆鱗+鮫肌一回を15/16耐え
準速ガッサ抜き
HP:6n-1
222メガゲンガーの気合玉耐え
グロパン+捨て身で後出ししてくる227-189クレセリアに9割ほどで勝てる

203では対面を重視している事に比べ、209ではクレセリア以外の当時のトップメタに対して比重を置いていることが分かります

同義の調整に207ガルーラという型も存在していましたが、正直あれは欠陥だと思うので紹介しません

 また同時期、203考案者の勘違い(捨て身反動が1/3ではなく33.3%だった)が発覚して、実際は203調整でも高乱数で生存出来ることが分かり、209が数を減らした印象です

 

 

oras

書くの疲れたので流行った型だけ書いときます

 

ハイブリッドガルーラ 

猫 捨て身 冷B+不意or文字

カバガブとか新規追加のマンダに強いので初期に流行った、無邪気

 

接触ガルーラ

秘密の力 雪崩 不意 身代わり

所謂197、クレセのサイキネとかスイクンの熱湯を身代わりが耐える、ひみちか麻痺と雪崩怯みがあるので稀に良く身代わりを残して相手を突破する

 

ミラー最強ガルーラ

猫  けたぐり 不意 なんか

最速AS、意地ガルが増えた時にメタとして出てきた

 

投げガル

地球投げ 冷B シャドボ 身代わり

S12だけ使えた、HP200以下のポケモンの後出しを許さないけど正直グンチとかいう公式チートがあるので流行らなかったし厳選何度がクソ

 

メガトンガルーラ

メガトンキック グンチ 不意 なんか

これもS12だけ使えた、反動受けないのでASガルでも後出しクレセ破壊出来たけど外すのでクソ

 

 

おしり