Play Rough

ポと趣味のブログ

Season 1 Ranked Single: diffensive team

f:id:mochipan_poke:20200101184648p:plainf:id:mochipan_poke:20200101184653p:plainf:id:mochipan_poke:20200101184658p:plainf:id:mochipan_poke:20200101184702p:plainf:id:mochipan_poke:20200101184705p:plainf:id:mochipan_poke:20200101184707p:plain

This team always kept a double-digit rank during season1.

//resource

Dragapult @ Leftovers
Ability: Infiltrator
Level: 50
EVs: 252 HP / 4 Def / 4 SpA / 196 SpD / 52 Spe
Calm Nature
IVs: 0 Atk
- Hex
- Will-O-Wisp
- Substitute
- Protect

Tyranitar @ Life Orb
Ability: Sand Stream
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Atk / 4 SpD
Adamant Nature
- Rock Blast
- Crunch
- Earthquake
- Fire Punch

Toxapex @ Black Sludge
Ability: Regenerator
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD
Bold Nature
IVs: 0 Atk
- Scald
- Toxic
- Recover
- Baneful Bunker

Quagsire @ Sitrus Berry
Ability: Unaware
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD
Bold Nature
IVs: 0 Atk
- Scald
- Stockpile
- Recover
- Rest

Sylveon @ Choice Scarf
Ability: Pixilate
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Hyper Beam
- Hyper Voice
- Mystical Fire
- Light Screen

Corviknight @ Figy Berry 
Ability: Mirror Armor
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD
Impish Nature
- Brave Bird
- Body Press
- Iron Defense
- Roost

 

Drakloak kawaii

穏やかドラパルト調整

実数値:H195 A112 B96 C121 D132 S169

努力値:H252 D196 S52 端数BC

 

H16n+3:身代わり+残飯効率

D11n:補正効率、特化眼鏡FCロトムボルトチェンジを身代わりが耐える、特化ニンフのハイボ最低乱数以外耐え

S:100族抜き抜き、準速スカーフニンフ+1

 

ドヒドヌオーガアが強烈にFCロトムを誘うので初手に投げると強いと思います

THCで使用した共有メルカリザシアンのお話

CL愛知落ちたので初投稿です

 

先日行われたTHCで(@TeRaFoMAX)と共有して使用したメルカリザシアンのまとめです

結果は共に4-3と満足行く結果ではありませんでしたが、構築の感触は決して悪くなく、環境に多く分布していた3神ザシアン・タチフサグマ・モルペコ人形に有利を取れるように意識してデッキ構築を行いました

 

環境読み

tier1:3神ザシアン

tier2:ピカゼク、タチフサグマ

tier3:モルペコ人形、ズガアゴ、超バレ、レシリザ(Tord)、ミュウミュウ系統

(ここで示したtierは使用者数です)

 

構築経緯

元々陰湿なデッキを使うのが好きな人達だったので色々な案が出て試作を行いました

 

ピジョンLO、エンニュートLO、メルカリザシアンLO、イオルブ入り2進化超越

とらばさみ(エネ破壊)、コータス(エネ破壊)

ゼブライカコントロール(人形+ヌケニン)、3鳥(ケンホロウヨルノズクピジョン)コントロール

オーベムループ(カブトプス/ヌメラ人形)

etc..

 

しかし新レギュレーションにおいてはサイド干渉及び相手のベンチ干渉が難しい事が問題に挙げられ、大会までの短い期間でデッキを練り上げるのは難しいという判断になりました

(一瞬ディスカバリーGXを入れようとしていた)

 

結果的に、上の中でサイド落ちを許容出来て純粋にデッキパワーが高いメルカリザシアンが候補に挙がり、LOはサブプランとし、純粋にサイドを取りきって勝利する形を目指して構築がスタートしました

 

(最終的なレシピだけ見たい方はver.3まで飛ばして下さい)

ver.0

f:id:mochipan_poke:20191209033041p:plain

最初に投げられたのがこれでした

不純物が少な目でヤーコンのバリューが高いのが特徴的でしたが、このレシピでは高いtierに位置するデッキに対して明確に有利が取れない事が分かりました(脳内会議)

 

ver.1

f:id:mochipan_poke:20191209040449p:plain

ver.0を元にいじりました

 目下重要視した事はルカリオ&メルメタルGXがオルタージェネシス後のブレイブキャリバーを2耐えすることでした

オルタージェネシス+ブレイブキャリバーが260点、フルメタルウォール+フライパンで60軽減して200点

これをイエッサンの特性「こころくばり」2回+マオ&スイレンorすごいきずぐすりで160点回復し40点乗った状態で次のブレイブキャリバーを耐える調整です

 

また、すごいきずぐすりはエネタンクになりがちなルカメタから鋼エネルギーを剥がしながらテンガン山で回収してコストにしたり、メタルソーサーで裏のザシアンにエネルギーを加速する役割も担っています

モルペコループへの強力な回答にもなりました(回復して鋼鉄の拳でエネを供給しながら人形を倒せる為)

 

ver.2

f:id:mochipan_poke:20191209042830p:plain

全体の枚数を調整し、メタルソーサーがタッグスイッチになりウィクガが入りました

ユニットエネルギーがイエッサンと共有している事に気づき、アタッカーとして運用する事が可能になりました

サイコキネシス:10+相手のバトル場のエネルギー*60

これで5エネ付いたライライやレシリザへの回答を増やすことが出来ました

ウィクガの採用ですが、フラダリラボ入りの炎が一定数存在すると予想した事と、追加ダブルブレイズや天井ビックリヘッド+ラボで33プランが取られるのが嫌だったので採用に至りました(結果的に正解でした)

 

 ver.3

f:id:mochipan_poke:20191209045720p:plain

当日使用したレシピです

前日のシティの結果からタチフサグマが一定数環境に存在している事が分かり、対策が必須になりました

元々ダイオウドウを採用するつもりでしたが、練習に付き合ってくれたでんぱさんからディアルガGXを提案され「これだ!」ってなりました

※技 ひきさく:相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない  80点

また、ディアルガ単体ではデスカウントGXやマッドネイルで倒される可能性があった為、フライパンを1枚メタルゴーグル(技や特性によるダメカンが乗らない)に変更

これにより、フルメタルウォール+メタルゴーグル+こころくばり2回で、毎ターン100点回復する面を作り、ブロッキングを完全に対策することが可能になりました

 

また、調整の中で相手の削ったVポケモンに一生触れないのが不快だったのでカスタムキャッチャーを4投しました

終盤スタンプの返しに強くなったり、LOプランを取る際に逃げエネが重いポケモンを縛ったり出来て使い勝手が良かったです

 

ダメージ計算

拳キャリバー:50+230=280 3神その他TAG TEAM

〃抵抗込み:30+210=240 ピカゼク

〃フライパン込み:20+200=220 ザシアン

 

インパクト:50+150=200 コケコVとか種GX

〃抵抗込み:30+130=160 デデンネ

 

インパクトキャリバー(フルメタルフライパン込み):90+170=260 対面のメルカリ

 

まとめ

新レギュレーションの施行及び、新弾発売から物凄く短い期間での大型大会でしたが、環境を分析したり新しいカードプールでデッキを模索したり、とても新鮮で楽しめました

運営して頂いた皆様、対戦して頂いた皆様ありがとうございました

SM・USM環境での個人的振り返り(ゲーム・カード・サークル)

前書き

楽しかったサンムーン環境も残すところ数日になりました。

 

サンムーン発売から数か月後にサークルに加入した事もあり、サークル活動と共に歩んだサンムーン環境でした。

 

思い返せば多くの時間をポケモンに割いてきました。

 

今回はサンムーン環境での個人的な総括を行い、何の役にも立たない記録をここに残しておきます。

 

自分語り成分が多いので僕のファンの方以外はブラウザバック推奨です。

 

 

サンムーン発売~サークル加入まで(2016/11~2017/4)

2016年11月18日 サンムーン発売。

f:id:mochipan_poke:20191112035333p:plain

当時は高校3年生。12月には推薦で大学が決まっていたのでひたすらポケモンに打ち込んでいました。

※これはもちパン㊙情報ですが、ポケモンサークルの存在と食堂の充実で大学を決めたらしいですよ。

 

シーズン1ではポケムーバーが解禁しておらず、6世代の相棒としてずっと使ってきたクチートが使えずに少し落ち込んでいた気がします。

 

また多くの技や特性が弱体化を受け、慣れ親しんでいた環境に終わりを告げ新しい環境が始まるのだなと、不安と期待が入り混じった7世代の始まりでした。

 

それでもorasから対戦を始めた事もあってモチベーションは高く、対戦オフやレート対戦に勤しんでいました。

 

シーズン1 レート2000達成

f:id:mochipan_poke:20191112035501p:plain

【ポケモンSM】 シーズン1 レート2000達成パーティ紹介! もちパンは生焼け

 よくある並びを使いました。

ミミッキュの登場やZ技の台頭もあり、受けに回る構築は少なかった記憶があります。

 

 

2017年4月 大学入学・サークル加入

 当時は僕の人生で最もポケモン対戦のモチベーションが高く、ポケモンで人を殺す事が目標でした(比喩)

 

ですがその目標もすぐに潰えました。

 

そこはカジュアル勢の集まりでした。

 

 

サークル加入~ウルトラサンムーン発売まで(2017/4~2017/11)

残念に思う傍ら、新歓や部内戦を経て、今まで個としてプレイしてきたポケモン対戦を大勢の人と楽しむのも悪くないなと思い始めました。

 

また高校時代に友人関係で悩んでいた経験もあり、ポケモンをはじめ共通の趣味を持ったオタクが多く在籍したポケモンサークルに居場所を感じられた気がしました。

 

部内戦の存在は大きかったですね。

地位も名誉も無い大会ですが、配信卓に自分の対戦が映る事が気持ちよかった事を記憶しています。

 

この事が当時ポケモンを頑張るモチベーションの一助になっていたかもしれません。

 

 

第3回真皇杯 本選ベスト8

mochipan-poke.hatenablog.com

僕が参加したポケモン対戦オフにおいて最も輝かしい功績です。

真皇杯は第2回大会、当時高校2年で初めて参加した対戦オフなので思い入れがありますね。

 

 クチシャンブルルは自慢の構築です、また当時考案した耐久ゴーストZシャンデラは今ではメジャーな調整になっており誇らしい限りです。

 

 

夏休みにcellさんからデッキを貰いポケカデビューしました。

同期でポケカをやっていたのがオーロットを握っているテラフォだけだったのであまり長続きしませんでした。 

この頃の口癖が「スタン落ちしたらポケカ始めます」だった事を今でも覚えています。

 

 

ウルトラサンムーン発売~超爆インパクト発売まで(2017/11~2018/9)

2017年11月17日 ウルトラサンムーン発売。

f:id:mochipan_poke:20191112054213j:plain

 新規追加ポケモンやZ技は多少あったものの、対戦環境の変化はあまりなく、退屈な環境でした。

この辺りから競技ポケモン対戦のモチベーションが溶け始め、交流会や部内戦の時ぐらいしかポケモンを触らくなりました。

2ROM買いましたがサブロムは現在もオハナ牧場で止まっています。

 

そもそも半期間は大学の演習で4んでいたのでまともにゲームが出来ませんでした。

 

 

バトルオブシンオウ 14位

mochipan-poke.hatenablog.com

演習が終わって直近の公式大会。シンオウ図鑑ポケモンのみ使えるシングル6-3。

元々狭いプールでの考察を得意としていたので結果を残すことが出来ました。

 

当時はダイパリメイクの兆候だと思っていましたが違いましたね。

 

 

同年7月頃、9月1日にレギュレーション変更が行われる事が発表され、第一次ポケカブームが起きます。

 

当時転売目的で購入したスターターセットでしたが、

以前デッキを投げてもらっていたのに関わらず、本格的にポケカを始められていなかった事や、purinさんにめっちゃポケカやれって言われていた事もあり、改めて始めることにしました。

 

 初めて組んだデッキはツインソルガレオです。

f:id:mochipan_poke:20191112063934p:plain

超爆後に組んだレシピが残っていました。

何故アカギが入っているのか今見てもよく分かりません。

2ヵ月間ぐらい改良を重ねながら使い続け、ジムバトルで何度か優勝できるようになりました。

 

 

超爆インパクト発売~JCSまで(2018/9~2019/6)

実機は死にました。

ゲームの低速な環境変異に比べ、カードは毎月新しい商品が発売され、メタの回りが早くプレイヤーとして飽きることなく競技に望めることに魅力を感じました。

 

世はポケカバブル期、シロナグズマ2000円・テテフ5000円・GXウルトラシャイニー戦争等、今では良い思い出です。

 

当時は海外ニキが握っていたゾロジュナキュウコンをリスペクトして使っていました。

f:id:mochipan_poke:20191112065847p:plain

考える事が多いデッキは使っていて楽しいですよね。よく思考が止まります。

 

ジムバトルや交流会や部内戦で何度か優勝する事ができ、この頃から競技ポケカの魅力に目覚め、大きな大会を志すようになりました。

 

 

CL千葉4-3

初めてのチャンピオンシップ、当時周りに練習する仲間は少なく環境デッキを握っても絶対に勝てないと確信していました。

そんな自分が大型大会で勝つにはビックリドッキリメカを使うしかありませんでした。

 

彡(゚)(゚)「せや!おもちゃデッキ握ったろ!」

 

f:id:mochipan_poke:20191112071111j:plain

mochipan-poke.hatenablog.com

クローバー集めてスティンガーGX使って相手のGX倒せば勝ち!w

これが意外と上手くいって勝ち越すことが出来ました。

 

当時はリセットスタンプが無く、またジャッジマンや破れ被れを搭載したデッキが少ない読みの元使用しましたが、実際少なかったので環境読みは合っていたかなと思います。

 

昨今ではスティンガー入りのゾロアークが多く入賞していますが、基本的なギミックは似ています。(今はクローバー集めなくてもTAG倒すだけでいいですね)

 

 

JCS4-5

僕のポケカ人生における圧倒的汚点。

環境を握るわけでもなく、環境を分析するわけでもなく、この大会に関しては勝つ気で参加していなかった。やる気が無いなら抽選に応募するな。

f:id:mochipan_poke:20191112073032j:plain

デッキ選択があまりにも酷かった。

大会2日前ぐらいにチャンピオンズフェスティバルと恨みの吐息のギミックを見つけてしまったのが良くなかった。

そもそもミラクルツイン発売から数週間後の大会だったのでメノコを厚く積んでレシリザを重く見る必要が無かった。

太眉嫌いは何をやってもダメ。

 

この大会を受け酷く後悔し、真摯に競技ポケカに向き合うことにした。

 

 

JCS~現在(2019/6~)

 JCSの反省を受けコピーデッキを回す事を覚えました。

機会に恵まれず今シーズンはCLやシティに参加出来ていませんが、来るべき日に備えて日々練習しています。

 

例によって狭いプールでの考察が得意なので、

ミュウツーHR争奪戦 準優勝

 

またエクストラにも手を出しました。

エクストラバトルの日 優勝

 

 

まとめ

終わってみればポケモンを通して様々な経験が出来た3年間でした。

努力し目標を達成する事の喜びを教えてくれました。

サークル活動を経て仲間との協調性を養ってくれました。

リーリエはお金になりました。

 

現行スタンはハンデスやLOが横行し、エクストラは強力なロックデッキが台頭しています。

今回のレギュレーション変更や新規カードの登場を経て、競技ポケモンカードへの参入障壁が下がってくれる事を願います。

 

実機は定期的に環境のテコ入れやポケモンのナーフを行ってくれると飽きずにプレイ出来るのでお願いします。

 

ここまで読んでくれた僕のファンの方ありがとうございました。DMを解放しておくのでLINE交換しましょう。

A統一のブルルは強い

 

f:id:mochipan_poke:20191029013606j:plain

まさかSM環境末期にこのカードを考察する事になるとは

 

 2017年3月にスターターデッキの表紙として初登場したこのカード

同デッキ収録の特性「ストロングチャージ」を持ったクワガノンと組み合わせた「ブルルガノン」というデッキはあまりにも有名でした

 

このポケモンのスペックを簡単に紹介していきます

f:id:mochipan_poke:20191029014612j:plain

草エネ1つで30点

60イワンコを倒せるがマークAには70イワンコが存在しているので倒せない

またニコタマで30点出せるイワンコがマークBなので為基本的に60イワンコは採用されない

1進化ポケモンには30乗せておくと下技で210が出しやすくなるので、後1から使っていきたい

 

f:id:mochipan_poke:20191029015454j:plain

草草無、素点120、エネ全トラッシュで180

任意効果なので偉い

鉢巻き込み210なので環境トップメタのゾロアークグソクムシャを1撃で倒すことが出来る

素点が120なのでダンベニンフィアがちょうど2パン出来るのでスピード的に間に合う(かも)

そもそもコイツが草タイプなのでルガルガンダンベルホエルオー(240)を弱点込みで倒せる

 

f:id:mochipan_poke:20191029015550j:plain

草草無、150+自身全回

下技と要求が同じで使い勝手が良い

ダメージを貰ったら鉢巻き付けて裏のテテフとか倒しに行くとサイドレースで優位に立てる

 非エクに対しても強い技

 

f:id:mochipan_poke:20191029020740j:plain

HP180、微妙

190だったら世界が変わってたけどカプ系統はHPの種族値が低めだからしょうがないね

一応鉢巻きククイライオットビート(170)を耐えるので他のカプよりは偉いかもしれない

エーパラが乗れば210まで伸びる、マークAによくある素点+鉢巻きで190出してくる攻撃は耐えてくれる

 

f:id:mochipan_poke:20191029020713j:plain

弱点無し、偉すぎる

なおフェニックスバーン(180)で死ぬ模様、エーパラ貼って鉢巻き付けられないように祈りましょう

 

ブルル強いので使いましょう、終わり

【部内戦】レギュレーションマーク"A"統一大会の考察

目次

 

前書き

役職を降りて初めての部内戦考察記事です。

 

ここだけの話、過去の部内戦ルールは僕個人がある程度考察が煮詰まっているか、以前にやった事があるルールを繰り返しやっていたので地の利(誤用)がありました。

 

今後は現役職である後輩達がルールを決めていくので、新鮮な気持ちで考察に臨みたいと思います。

 

今回行うのは、

レギュレーションマーク「A」統一のカード大会ですね。

・拡張パック「コレクションサン・ムーン」からハイクラスパック「GXバトルブースト」の期間のパック、デッキ、その他商品に収録されたカードのみを使用することができます。

・ハイクラスパック「ウルトラシャイニー」や「GXスタートデッキ」などで再録された「A」のマークのカードも使用可能とします。

 

個人的にこのルールの面白いと思っている所は、

現スタンダードレギュレーションであるSMレギュレーションに切り替わったタイミングが2018年9月1日、つまり超爆インパクト(SM8)発売の少し前であった事に対し、

今回使用できるカードプールがGXバトルブースト(SM4+)以前のカードである為、過去に存在していないカードプールでのレギュレーションになっている事ですね。

 (2018年9月1日以前はSM以前のカードも混在していた為) 

 

 つまり何が言いたいかというと、このルール考察がめっちゃ大変!という事です。

 

 

どんなトレーナーズが使えるの?

ここでは汎用性のあるトレーナーズを紹介します。

 

 サポート

f:id:mochipan_poke:20191022190514j:plainf:id:mochipan_poke:20191022190612j:plainf:id:mochipan_poke:20191022190619j:plainf:id:mochipan_poke:20191022190623j:plainf:id:mochipan_poke:20191022190638j:plainf:id:mochipan_poke:20191022190643j:plainf:id:mochipan_poke:20191022190647j:plainf:id:mochipan_poke:20191022202033j:plain

ドロソは割とあります、条件付きですがハラやマオのように特定のデッキにおいてパワーが発揮されるカードも要チェックです。

ジャッジマンが使えないので相手のハンドを流す際にはいやがらせを使いましょう。

グズマが普通に使えるので、試合の展開がもたつくことは無さそうですね。

 

グッズ

f:id:mochipan_poke:20191022192315j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192318j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192323j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192326j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192333j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192335j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192338j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192420j:plainf:id:mochipan_poke:20191022202048j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192343j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192351j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192353j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192356j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192401j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192404j:plainf:id:mochipan_poke:20191022192406j:plain

ボールは潤沢ですが、タイマーやスーパーのように運が絡むものも。

入れ替え系は豊富。

妨害系のカードも多くコントロールを組んでみるのも面白いかもしれません。

バトンや学習装置が使えるので基本エネベースのデッキも使えますね。

 

スタジアム

f:id:mochipan_poke:20191022193156j:plainf:id:mochipan_poke:20191022193158j:plainf:id:mochipan_poke:20191022193200j:plainf:id:mochipan_poke:20191022193202j:plain

まともに使われてるのはこの辺でしょうか。

 

どんなポケモンが強いの?

GX 

f:id:mochipan_poke:20191022194334j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194345j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194347j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194453j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194356j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194358j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194409j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194412j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194415j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194417j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194419j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194421j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194429j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194431j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194434j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194437j:plain
ゾロを中心にメタが回ると思うので弱点を付ける闘タイプは相対的に強いです。

テテフカキが出来る以上炎のバリューも高いと思います。

疑似サナニンフも無難に強そうですね。

 

非GX

f:id:mochipan_poke:20191022194904j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194924j:plainf:id:mochipan_poke:20191022195028j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194912j:plainf:id:mochipan_poke:20191022195318j:plainf:id:mochipan_poke:20191022201334j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194915j:plainf:id:mochipan_poke:20191022201345j:plainf:id:mochipan_poke:20191022204717j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194934j:plainf:id:mochipan_poke:20191022194936j:plainf:id:mochipan_poke:20191022195139j:plain

フーパ最強!!!フーパ最強!!!フーパ最強!!!

先1やぶれかぶれカキ!!!先1やぶれかぶれカキ!!!先1やぶれかぶれカキ!!!

コケコマニュテテフが使えるのでばら撒き系のデッキも組めそうですね。

 

まとめ

 やゾN1