Play Rough

ポと趣味のブログ

初めてシールド戦に参加して準優勝したお話&備忘録

先日開催されたミュウツーHR争奪戦に参加して参りました。

 

結果は惜しくも準優勝でミュウツーHRを獲得する事は出来ませんでしたが、デッキ作成や対戦中に気を付ける事、頭に入れていると良いことなど考察した内容をメモとして置いておきます。

 

今後ミュウツーHR争奪戦に参加される方のヒントになれば幸いです。

 

 

デッキ作成について

  • 勝てるデッキを作成する感覚を養う

シールド戦において"正解のデッキ"は存在しません

カードゲームの性質上、同じテーマのデッキを組んでも採用されるカードが異なる事は大なり小なりあると思います。シールド戦ではランダムに排出されたカードからデッキを組む為、この性質はより顕著に現れます。

加えてカードゲームにはプレイヤーの"色"が出ます。「なんとなく強そう」でカードを採用しているプレイヤーも多いのではないでしょうか。

この「なんとなく」は過去の経験や練習から成る「感覚」です。特定のカードを刺して何十戦も回して強かったから採用!みたいなのは良くある話だと思います。


この「感覚」を養う事がシールド戦において最も重要だと考えます。

サークルやチームに所属している方であれば練習の機会を設ける事でこの感覚を身に着ける事は可能だと思います。

ただ私のようなクソ陰キャ孤独ポケカプレイヤーにとっては対面と練習する機会がほとんどなく、1人で完結して練習する必要がありました、そこで役に立ったのが以下の2点です。


  1. 先人の記事を読み漁る
    これは"勝てるデッキ"を知る上で非常に役に立ちました。

    カードごとの評価、タイプの合わせ方、ポケモンやサポートの比率等デッキを組む上で重要な点を知る事が出来ます。

    またこれらの記事を比較する事で、特定の意見だけに縛られず広い視野で考察する事が可能になりました。


  2. シミュレーターの活用
    「感覚」が養えたら実際にデッキを組む練習をしてみましょう。

    ある程度感覚の基盤が出来ていれば、開封結果を見た時点で採用するタイプが見えます。そこからどのポケモンをピックし、エネルギーを何枚入れるかの検討に入ります。ここでは過去の優勝者の同じタイプのデッキを探してみると良いと思います。

    これを全てのタイプのパターンを網羅できるように練習しましょう(勿論それらの組み合わせも)。

    過去の優勝デッキやシミュレーターは検索叩けば簡単に出てきます。シミュレーターは某フランス人が作ったものが視覚的に分かりやすく使いやすかったのでお勧めです。

 

  • 実際に比較してみよう

これは今回私が使ったデッキ(上)と、決勝で対戦した相手のデッキ(下)です

f:id:mochipan_poke:20190728045134j:plain

f:id:mochipan_poke:20190728045149j:plain
具体的な数字で比較してみます(自分視点)

被っているカードが33枚

排出の違いで採用枚数が異なったカードが2枚
(自分はオーキド+1と溶接工を1枚引きました)

プレイヤーの"色"が出て採用が異なったカードが5枚
(ヨマワルサマヨールエネルギー回収エリカ炎エネ+1)


ここで挙げた33+2枚は「養われた感覚」によって採用された、"勝てるデッキ"において必然的に採用された35枚です。

過去の統計や上位プレイヤーのデッキを見ると、多少の誤差はあれど基本的に間違いのない選択になっていると考えます。


そして"色"によって採用が異なったカード5枚について解説します。ここがカードゲームにおいて1番面白い所でかつ、この記事で1番読んで欲しい項です。

  1. そもそもさっきから言ってる色ってなんだ
    先ほどから記載している"色"とは、そのプレイヤーごとの「好み」や「傾向」を指して使っています。

    いわゆるネコが好きかイヌが好きか、SかMかみたいな人それぞれの個性です。

    カードゲームにおいては、「特定の場面でのみ強大な力を発揮するカードを強いと感じるか弱いと感じるか」、「プランAプランBどちらが総合的な勝率が高いか、又は好むか」を選択する際の、"人それぞれの感覚"です。

    これは前節で挙げた必然性を養うための"感覚"とはまた異なります。


  2. "色"の採用理由
    今回私が"色"で採用した5枚のカードは
    ヨマワルサマヨール、エネルギー回収、エリカ、本炎エネルギー+1」
    です。


    結論を先に述べるとテールナーがえっちなので活躍させたい」がこの5枚の"色"を生みました。

    まずヨマワルの特性"ひとだましんか"は手札のカードを3枚トラッシュすることで山札からサマヨールに進化する事が出来る特性です。

    これはリザードンテールナーGXのGX技と非常に相性が良く、理想的に動く事が出来れば後攻1ターン目からバトル場のリザテナにエネルギーを4枚(3枚でも許容)付ける事が出来、勝負を決める事が可能です。

    オーキドを2枚引けていた事もあり、サマヨールラインは1-1でしたが採用に値しました。


    次に溶接工の存在です

    リミックスバウトのプールでは自分のターンにポケモンの技以外でエネルギーを加速させる事が出来るのはこのカードのみです。強い!使うしかない!TRもえっち!

    採用に至りました。

    それに当たって炎エネだく気味にする必要があり、炎エネは対面より1枚多い12枚の採用。


    エネルギー回収は溶接工と一緒に引けた際に、リザードンテールナーのGX技プランから一気に切り返しが出来、盤面にプレッシャーをかける事が出来る為採用しました。


    エリカの採用は正直ミスだったと考えています。

    此方はサポート権を1度破棄した上で3枚ドローするのに対し、相手は3枚ドローしつつ豊富な手札からサポートを選択して使うことが出来ます。

    この時点でハンドアドバンテージは最悪、ボードの成長もよほど自分が上振れていない限り負けている場合が多いです。

    正直エリカを打たないと負けの場面でエリカを打ってる時点で結局負けなので、基本エネルギーを1枚増やした方が勝てる試合が増えると思います。

    加えて今回のパックではそれなりにサポートを引けた事、リザテルに寄せたので育ってしまえばサポートを使うタイミングが無い事、これらを懸念すべきでした。

    ただえっちなので入れたかった。



対戦中に気を付ける事

当日はジャッジの方が厳正に進行していた事もあり、対戦中以外イカサマはほぼ防止されていたと思います。

問題なのは対戦中の対面です。
簡単なイカサマを何個か挙げておくので気を付けて見るようにして下さい。むしろイカサマ見抜いてジャッジキルしてやるぐらいの意気込みでいきましょう。

  1. カット中のボトムチラ見
  2. ドロー2
  3. セルフカット後の地ならし
  4. 袖からアローラペルシアン

 

  • テキストの把握

 これは僕本人がやらかしたので教訓としてメモっておきます。

少しでも分からないテキストがあれば相手に一言断ってテキストを確認しましょう

  1. アロペルにデプスボムは乗らない
  2. 前の相手の番に自分のポケモンがデプスボムで気絶しても、エンテイの上技は30点しか出ない

 

得する人損する人

  • オポネントのお話

公式にも記載がありますが、ブロック戦の順位は

勝ち数>取ったサイドの総数>取られたサイドの総数>直対>じゃんけん

となっています。

相手種切れで勝てんじゃーんって思ってもあえて倒さず、取ったサイドの枚数を稼ぐためにターンを回すのも手です。


実際に今回のシールド戦では、「自分が2勝ち取ったサイド7取られたサイド5」、2位の人が「勝ち2取ったサイド7取られたサイド7」だったのでオポめっちゃ大事だなと思いました。

  • 相手のデッキを把握する

ブロック戦では隣で2戦目、3戦目の相手が対戦しています。

どのタイプのデッキかを事前に把握し、対戦前にデッキの中身を入れ替えるようにしましょうしてました。

実際に入ってくるのは対面のカメポチャに対してウィクガ1ヘラ1とかですね。


中身を入れ替えずとも、どんなカードを引いてるかを知っておくことで試合のプランが立てやすくなるので、自分の対面に集中しながら横をチラチラ見てただろ見てるとアドバンテージが得られます。

トナメでも試合早く終わったら他の卓を見れるので、事前にトーナメントで次に当たる人間を確認してデッキの中身割っとくと有利取れて良いと思います。