Play Rough

じゃれ外しは愛嬌

スマホカメラで簡単フォトグラメトリ

簡単(当社比)

申し訳程度のポケモン要素

 

此方の記事を参考にしました

styly.cc

こっち見た方が分かりやすいです

 

使ったもの

スマホカメラ

3DF Zephyr体験版(写真から3Dモデルを作るソフト)

unity(テクスチャ出力)

Blender(統合と動画撮る為)

 

作業工程

①対象となるオブジェクトの写真を撮る

f:id:mochipan_poke:20190429215128p:plain

50枚以下に抑えましょう(Zephyr体験版の制限によるもの)

照明やブレによってZephyrが写真を読み込まない場合があるので、頑張って調整しましょう

僕は5回撮り直しました

 

②読み込んだ画像をまとめてZephyrにドラック&ドロップ

f:id:mochipan_poke:20190429215618p:plain

既にオブジェクトの形が何となく分かります

周囲の青いアイコンはカメラです

 

③ 境界ボックスを設定します「ツールバー→境界ボックスを設定」

f:id:mochipan_poke:20190429215934p:plain

これによって3D空間上のどの部分を切り出すかを調整できます

今回はホウオウ君と床の一部を切り取りました

 

④高密度点群を作成「ツールバー→高密度点群を作成」

f:id:mochipan_poke:20190429220434p:plain

要は③の点群から更に細分化した点群を作成します

この段階でハッキリと形が分かるようになりました

 

⑤メッシュを抽出「ツールバー→メッシュ抽出」

f:id:mochipan_poke:20190429220751p:plain

点群が消えよりハッキリとした形になりました

 

⑥テクスチャ付きメッシュ作成「ツールバー→テクスチャ付きメッシュ作成」

f:id:mochipan_poke:20190429221007p:plain

テクスチャが作成され、より滑らかな見た目になりました

 

⑦書き出し「ツールバー→テクスチャ付きメッシュの出力」

出力フォーマットを「Obj/Mtl」に設定します

これによってオブジェクトファイルとマテリアルファイルが出力されます

またローカル表示基準システムに必ずチェックを入れて下さい

 

Zephyrでの作業はここで終わりです

モデルの出力が目的であればここで終了です、お疲れさまでした

 

以後動画出力まで

unityでテクスチャを作成

それをBlenderでZephyrから読み込んだobjモデルに張り付けて、適当にカメラのアニメーション作ってレンダリングして終わりです

 

何かあればコメントまで