Play Rough

じゃれ外しは愛嬌

VRoidからエクスポートしたVRMファイルに任意のサムイネイルを設定する

あいてぃーすきる無振り向け

 

用意するもの

・VRoidから出力したVRMファイル

・任意のサムネイル

・unity

・uniVRM

 

①Unity、UniVRMのダウンロード、インストール

省略

 

②任意のサムネイルの用意

サムネイルには2048×2048png形式の画像を使用します

VRoid Studioにはアスペクト比を調整してスクリーンショットを撮影する機能があるので、今回はそちらを利用します

 

撮影・エクスポートから撮影サイズを2048×2048に設定します

f:id:mochipan_poke:20190312184502p:plain

またVRoidにはポーズやアニメーション、照明、ポストエフェクトなど様々な設定項目があるので、各種好みの設定にしましょう

設定が完了したら「撮影」を押します

撮影した画像はローカルファイル内の分かりやすい場所に保存します(今回はデスクトップに保存しました)

ファイル名は「Thumbnail」とします

f:id:mochipan_poke:20190312185255p:plainかわいくないですか?

 

③Unityでサムネイルを変更する

Unityで空のシーンを作成してUniVRMをインポートします

用意したVRMファイルをアセット内にドラック&ドロップします

Asset→VRMVRMファイル名.Textures から、既に作成されている「Thumbnail」画像を削除して、②で作った「Thumbnail」画像と置き換えます

f:id:mochipan_poke:20190312190445p:plain

※VRoidではエクスポート時に自動でサムネイルが設定されるらしい

 

モデルを選択し、InspectorタブからThumbnailのselectをクリック

先ほど置き換えた「Thumbnail」を選択します

f:id:mochipan_poke:20190312190636p:plain

 

④書き出し 

VRM→UniVRM→Export humanoid

タイトルと作者名が未設定の場合要求されるので記入して下さい

チェックボックスの詳細は各自で調べて下さい

 

⑤確認

各種VRMに対応しているソフトウェアを起動して読み込んで下さい

VRM Live viewer、V ワールド等

 

何か分からない事があればコメントまで