Play Rough

じゃれつく外しは愛嬌

第3回真皇杯 本戦ベスト8 使用構築

一時的にこっちのブログ使っていきます。

旧ブログ:http://motipan543.blog.fc2.com/

 

第3回真皇杯お疲れ様でした

今大会では目標としていた本戦出場、そして予選抜けを果たす事が出来、非常に手応えのある結果となりました

 

 

今回使用した構築はクチシャンブルル攻めループ

クチシャンに一貫する地面技を裏のブルル及びグラスフィールドで補完し、高火力を押し付けて行く形を主としました

f:id:mochipan_poke:20170717205633p:plain

この並びはポケバンクが解禁して以降ずっと煮詰めてきたもので、細かい調整や技の取捨選択には自信があります

 

他のクチート軸と異なり、 3体で補完組むことで比較的安稗が押しやすく、サイクルを回せるトリパに仕上げました

(良く分かる補完の図)

f:id:mochipan_poke:20170718210415p:plain

 

 

個体解説

 

クチートクチートナイト

f:id:mochipan_poke:20170717210253g:plain

性格:慎重

特性:威嚇→力持ち

技構成:じゃれつく/叩き落とす/不意打ち/剣の舞

配分:H252 A84 D172

実数値:H157(157) A116(136) B105(145) C×(×) D106(150) S70(70) ※()内メガ後

 

自慢のHDクチート、今大会のMVP

このラインまでD耐久を伸ばすことで、特化ガルドのシャドボZ無補正霊獣ボルトの10万Z特化眼鏡サザンの放射145族までの2倍めざパを2発確定で耐えます

また上記のポケモンは返しの攻撃で確定で倒せる為、先発で不毛な択を破棄する事が出来ます

加えて、疲弊したクチートはトリル後にもう1度動かすことが出来る為、消耗戦でも非常に有利です

メガ前メガ後B<Dとした為、DLポリ2に対しても対面から殴り勝つ事も可能となります

技構成に関しては剣の舞を使う機会があまり無かった為、ミミッキュやカプテテフを安定して処理できるアインヘや、幅広く見れる3色技に代えてもよきです

後述のカプ・ブルルと合わせて選出することで、実質弱点が炎技のみになります

更に威嚇も合わせることで、サブウェポン地震のマンダやガルーラの前で剣舞したりする場面も有ったり無かったりしました

 

 

シャンデラ@ゴーストZ

f:id:mochipan_poke:20170717212519g:plain

性格:控え目

特性:貰い火

技構成:シャドボ/放射/呪い/トリル

配分:H204 B124 C172 D4 S4

実数値:H161 A54 B126 C205 D111 S101

 

影のMVP(ゴーストだけに)

ゴーストだけに

クチートブルルに一貫する炎技の引き先かつ、自己がエースになるトリル起動枠

炎弱点のポケモンを3枚置くことで、相手の選出を誘導し安定した後投げからトリルを起動することが出来ました

B方面は特化マンダの捨て身タックル特化リザXの逆鱗耐え

D方面は特化テテフのフィールド下サイキネ耐えC1↑ポリ2のシャドボを良い乱数で耐え

CはシャドボZで無振りガブがちょうど落ちる程度としました

技の呪いに関しては、トリル後の自主退場が可能になったりゴーリやバトンパへの回答、最後の詰め筋になったりと何かと使い勝手が良かったです

7世代に入り悪タイプとノーマルタイプのポケモンが減り(主にカプ系のせい)、ゴースト技の一貫が出来ているパーティが多く、高火力ゴースト技を押していけるシャンデラは相対的に強化されたと感じています

 

 

 

カプ・ブルル@突撃チョッキ

f:id:mochipan_poke:20170717214403g:plain

性格:意地っ張り

特性:グラスメイカー

技構成:ウッドハンマー/ウッドホーン/馬鹿力/岩封

配分:H108 A252 S148

実数値:H159 A200 B135 C× D115 S114

 

残飯とシュカを寄与するやべーやつ

クチシャンに一貫する地面技の引き先になることに加え、上2体が耐えることの出来ないコケコの10万Zやアシレの専用Zの安定した引き先になります

Sは巷で流行っているHDランドを想定し4振り(112)抜き抜きとし、岩封1回で霊獣ボルトロスを抜けるところまで伸ばしました

悠長に積んできたZミミッキュを対面から無傷突破することも多かったです

タイプと数値の性質上、雨や砂といった天候パーティにも安定した遂行が可能でした

繰り出し回数が非常に多くなる為、状況を見てウッドホーンを選択していく事が大切です

前述したシャンデラと非常に相性補完が良く、クチートが倒れた後も第2のトリルエースとして運用することが出来ました 

 

 

ガブリアス@ドラゴンZ

f:id:mochipan_poke:20170717220316g:plain

性格:陽気

特性:鮫肌

技構成:逆鱗/地震/身代り/剣舞

配分:A252 B4 S252

実数値:H183 A182 B116 C× D105 S169

 

イージーウィン要員

シーズン3や当オフの予選で鬼火リザが流行っている印象を受けた為、身代わりを採用しました

相手パーティの並びを見て、それっぽかったら出します

リザの裏に採用されるテッカグヤに対しても、2舞ドラゴンZで確定で落とせます

Z技を透かしたり中間択として使用する事も出来る為、身代りが刺さる場面は多かったです

なお予選からの計30戦でイージーウィン出来たのは1度のみ、選出も3,4回程度となりました

 

 

バシャーモ@気合いの襷

f:id:mochipan_poke:20170717221811g:plain

性格:うっかりや

特性:加速

技構成:馬鹿力/放射/めざ氷/守る

配分:A132 C252 S124

実数値:H155 A157 B90 C178 D81 S116

 

6世代の最後の方に流行ったやつ

配分は放射でクチート確定、1加速でガブ抜き(だったはず)です

ポリ2の選出抑制で採用した為、ほとんど選出しませんでした

多分ASメガめざ氷のが使いやすいと思います

 

 

テッカグヤ@食べ残し

f:id:mochipan_poke:20170717222650g:plain

性格:図太い

特性:ビーストブースト

技構成:ヘビーボンバー/めざ氷/宿り木/守る

配分:H244 B252 S12

実数値:H203 A108 B170 C127 D121 S83

 

クチシャンブルルで辛いマンダ入りのバンドリグライオンへの回答として採用しました

受け出した際にヘビーボンバーを打てる相手が明確にいない為、めざ氷1刀の身代り採用もありありのありだと思います

本当は勇敢チョッキめざ氷で使いたかったけど個体の調達が間に合わなかったなんて言えない

 

 

クチシャンブルルの並びについて

 

前述した通り、当構築はクチートシャンデラの並びをブルルのグラスフィールドで補完する形を主としており、結果的に「マンダに後投げ可能なクチート」や「地震を採用しているグロスルカリオに後投げ可能なシャンデラ」を生み出しています

参考BV:HHZW-WWWW-WWW7-UZNE VSラスチャレ(砂町)準優勝 クマさん

上の対戦では初手にブルルを選出することで、中盤のサイクルを有利に進めているのが見てとれると思います

 またサイクルの中で高火力を押し付け、先に相手を疲弊させることが出来れば特定のポケモンの一貫を作る事も可能でした

 類似の考え方に役割論理がありますが、それとは多少異なる点も示しておきます

役割論理では個々のタイプや数値を活かし繰り出し回数をなるべく抑えつつ通りの良い技を選択していくのが基本となります

それに対し攻めループでは、クチート威嚇やブルルのグラスフィールドシャンデラの貰い火を用いる事で、控えのポケモンを繰り出した際の負担を軽減させることに重きを置きました

基本的に受け出したターンと攻撃したターンに2度グラスフィールドで回復出来る為、消耗合戦では非常に有利に試合を運ぶ事が出来ました

 

ここまで構築の強みばかり挙げてきましたが、弱点や辛いポケモンが存在する事も事実です

1つとして、仮想的に対して後出した後の邪道Z(諸説)が挙げられます

例えばウルガモスエスパーZや飛行Zといった、本来はシャンデラで有利を取れるポケモンが逆に崩してくるケースです

ブルルの場合だとランドやギャラドスの飛行Zが例として挙げられますね

これらのポケモンに遭遇した際は「事故」だと割り切ることが大切です

対戦オフのような場では、レートと異なり安定志向の構築を好む傾向があり、基本的に採用されている事はまずないです

実際に当大会でそういった負け方をした事は1度もありませんでした

 

 

大会総括

東予 ブロック1位抜け 決勝トーナメント2戦目敗退

ラスチャレ(亀戸) ブロック1位抜け 決勝トーナメント準優勝

本戦 ブロック2位抜け 決勝トーナメント敗退

総合戦績は22-8となった

純粋にビートしてくる相手には高い戦績を残すことが出来ましたが、受けルや毒菱パなどの特異戦術に対しては滅法弱かったです

単純に対策できていなかった事に加えて、1発勝負という形式では所見殺しを免れなかったです

この点に関しては今後改善できればと思います

 

ラスチャレ決勝では総合主催のトルンさんと、本戦では全国から集まった多くの有名強者と戦う事が出来て、得る物が多かったです

また、第2回大会で対戦した方と再会したり、ツイッターの住民だった方とエンカしたりと交流の面でも有意義でした

そして何より嬉しかったのが、予選で知り合った方々から応援やお祝いを貰えたことでした

単騎特攻の身としては大きな活力となり、改めて感謝したいです

 

今大会を企画運営して頂いたスタッフの皆様、並びに対戦して頂いた皆様に感謝を込めて